名古屋でオススメのパーソナルトレーニング・トレーニングジム・プライベートジムを徹底的に紹介します

体重より体脂肪率を意識してダイエットしよう!

 

今現在ダイエットをしている人の中には、メディアなどを通じて「ダイエットにおいては体重よりも体脂肪率が重要である」というようなことを見聞きされた経験がある方もいるかも知れません。

ダイエットにおいて体脂肪率が重要であるということはあまりによく知られた事実ではあるのですが、何故近年ではそれが「体重よりも重要」とまでにより一層強調されるようになったのでしょうか。

今回はダイエットにおける体脂肪率の重要性、その理由などについて紹介をしていきたいと思います。それでは、早速見ていきましょう。

理由その①:見た目に大きく影響する

ダイエットをする理由として最も一般的なのが「見た目」の問題ですが、こういった見た目(外見)の変化は体重よりもむしろ体脂肪率による影響が大きいと考えられます。

これは何故かと言うと、端的に筋肉と脂肪とではそれぞれの質量が異なるためです。

例えば同じ重さの「筋肉組織」と「脂肪組織」を比較した場合、より体積が大きくなるのは後者の脂肪組織となります。筋肉組織の密度の高さに比べ、脂肪組織は比較的密度が低いのです。

このため同じ体重の人であっても筋肉量が多い人は体積が小さく痩せているように見え、体脂肪が多い人は体積が大きく太っているように見えてしまうという事実があります。

こうしたことから現在ではダイエットにおいては体重よりも体脂肪率の方が重要であると見なされるようになっているのです。

しかし、この体脂肪率に着目したダイエットには一つの難点が存在します。それは体脂肪率の正確な計測は意外と難しいという点です。

体脂肪率を正確に測定したいと思う場合、専用の体組織計を用いる必要があります。また比較的安価で売られている体組織計では全身の体脂肪率に関しては正確な測定が難しいということも挙げられます。

そのため体脂肪率に着目したダイエットにおいてはできるだけきちんとした計測ができる体組織計を購入するか、もしくはパーソナルトレーナーなどの専門家に指導を依頼するのが良いとされるのです。

・理由その②:体重を落としすぎると筋肉量が減少してしまう

実際のダイエットにおいては、体重が減少しているにもかかわらず体脂肪率には変化がないという減少もしばしば発生します。

この場合その理由として考えられるのが、筋肉量の減少による体重の低下です。

筋肉量を減少させるダイエットにはさまざまな問題点が存在すると考えられます。筋肉は日常生活に欠かすことのできないものであるというのももちろんその理由の一つではあるのですが、それ以外の理由として挙げられるのが代謝機能の低下です。

筋肉は脂肪と比較して熱を発散させる作用があります。筋肉量が減少してしまうということはこの熱(カロリー)の消費量が減ってしまうということを意味し、短期的には体重を落とすことができたとしても長期的には痩せにくい体質の原因となってしまうのです。

このため痩せやすい体質を手に入れるためには体重自体は若干増加しても良いので筋肉量を増大させたほうが良いとも言われています。そのため現在のダイエット理論では体重を落とすよりもまず運動(有酸素運動と無酸素運動)をバランス良く行い、筋肉のついた痩せやすい体質を手に入れることを重視しているのです。

また筋肉量を増大させるための方法としては鳥の胸肉などの良質なタンパク質を積極的に摂取するという方法もあります。パーソナルトレーニングではこういった食事管理と運動とを組み合わせ、ただ単に痩せるだけではなく体質自体をより健康的に改善していくことを目的としております。

・体脂肪率の落とし過ぎにも問題はある

ここまで見てきたように、ダイエットにおいては体重を落とすよりも体脂肪率を低下させることの方がメリットが多いというのが定説となっています。

ただし、体脂肪率を落としすぎることによるデメリットが存在するということもまた事実として挙げられます。

そもそもなぜ人体に脂肪が存在するのかと言えば、それは体温を一定に保つという目的があるためです。体脂肪に保温作用があり、体脂肪率が低下をしてしまうと気温が低くなると同時に体温も下がってしまうという状態になり、結果として基礎体温が低下をします。

基礎体温の低下によって引き起こされるのが免疫力の低下です。風邪をひくと熱が出ることからも分かるように免疫力は体温が高いほど高い状態となっており、体温の低下に伴って免疫力が低下をすると病原菌に感染しやすい体質になってしまいます。

こうしたことから体脂肪率に関してもそれを無理に落とそうとすると身体にとっては少なからず負担が生じ「美容のために健康を犠牲にする」というような状態になってしまいかねないのです。

こういった事態を回避するためにも、ダイエットは自己流や独断で行うのではなく、パーソナルトレーナーなどプロフェッショナルによる適切な指導のもとで行うことが良いとされます。