名古屋でオススメのパーソナルトレーニング・トレーニングジム・プライベートジムを徹底的に紹介します

カラダのコリや痛みもパーソナルトレーニングで良くなる?

デスクワークで長時間座ってばかりいると肩が凝ってしまいますよね。その他にも悪い姿勢や加齢などでコリや痛みの症状を抱えている人がいるかもしれません。

こちらの記事ではパーソナルトレーニングがカラダのコリや痛みに効くのかどうか、徹底的に解説していきます。

運動でコリや痛みが治るのかについては専門家でも意見が分かれる

実は、運動でカラダのコリや痛みが良くなるという実証結果は今のところ明確に示されていないのです。

運動や筋肉を鍛えることによりカラダのコリや痛みが良くなるのかどうかに関しては専門家でも意見が分かれ、必ずしもパーソナルトレーニングで改善が保証されるものではないようです。

毎日のようにメディアで取り上げられる「健康法」

テレビや雑誌などで体にいいとされる「健康法」が頻繁に取り上げられるのは今に始まったことではないですよね。

毎日のように新しい健康法やダイエット法が取り上げられていますが、実際に試してみて見違えるほどの効果があったものはほぼないのではないでしょうか。

それだけ人間のカラダというのは複雑で、現代の技術をもってしても解明しきれていないということです。

コリや痛みの原因を見極める

専門家でも意見が分かれる内容を私たちが考えたところで、結論を導き出せるはずもありません。

しかし自分のカラダのことは自分がよく知っているはず。万人に効く健康法はなくとも、自分のカラダに起きているコリや痛みくらいならなんとか治すことができるかもしれません。

そのためにはまずコリや痛みの原因を見極めることが重要です。原因を判別するために、いくつかの例を紹介します。

コリや痛みの原因の例

・長時間同じ姿勢でいる

肩コリになる代表的な例として、デスクワークが挙げられます。

長時間カラダの筋肉を動かさずに同じ姿勢でいると、それが原因でコリや痛みの原因となります。

この場合は日頃から適度に伸びをしたり立ち上がったりすることで予防することができます。

・姿勢が悪い

姿勢が悪いとカラダにコリや痛みが生じてしまいます。コリや痛みには筋肉や骨のバランスが深く関係していて、悪い姿勢はカラダのバランスを崩してしまいます。

猫背や脚組みなど意識して直せる姿勢の悪さは自分で改善することができますが、骨盤などが歪んでしまっている場合は一度整体で施術をしてもらった方が良いでしょう。

もちろん整体に行けばそれでOKという訳ではなく、カラダの歪みを治してから意識して良い姿勢を保つことが必要です。

・血行が悪い

血行が悪いとコリや痛みが発生することもあります。

一時的なものであればお風呂に入ったりして体を温めれば血行は良くなりますが、慢性的に血行が悪い場合は適度な運動が効果的。

この場合はパーソナルトレーニングを検討してみてもいいかもしれません。

・運動不足

日頃から全く運動していない人は全身の筋肉が固まってしまっています。適度な運動はコリや痛みの予防に役立つでしょう。

この場合もパーソナルトレーニングを検討してみてもいいかもしれません。

パーソナルトレーニングはコリや痛みに対して予防でしかない

血行が悪い場合や運動不足の場合はパーソナルトレーニングを検討してもいいとお伝えしました。

しかし覚えてほしいのは、運動でカラダをほぐすこともあくまで予防にしかならないということ。

パーソナルトレーニング自体はすごくいいものですが、既にコリや痛みが症状として現れている場合は、姿勢を正すことを意識するとともに整形外科などの病院に行くことが先決です。

コリや痛みを改善させることができれば、またその症状を再発させないためにもパーソナルトレーニングを利用すると良いでしょう。